会社概要

沿革

文久 2(1862) 初代佐藤助九郎が富山県柳瀬村において佐藤組を創業
明治 43(1910) 富山市に鉄工部門創業
大正 15(1926) 鉄工部門,水圧鉄管溶接技術を開発
昭和 6(1931) 佐藤組を佐藤工業株式会社に組織変更
昭和 23(1948) 鉄工部門、佐藤工業株式会社富山工場に名称変更
昭和 34(1959) 富山工場、鍛圧機械事業を始める
昭和 42(1967) 富山工場、鋼橋建設事業に本格的に進出
昭和 45(1970) 立山町鉾木に9万2千㎡の工場用地取得
昭和 46(1971) 立山工場に橋梁工場建設、富山市より製造部門順次移転開始
昭和 48(1973) 富山工場、佐藤工業株式会社より独立し、 佐藤鉄工株式会社となる
資本金5億円
昭和 49(1974) 立山工場に鉄構工場を増設、立山工場用地1万6千㎡を追加取得
昭和 56(1981) 本社を富山市より立山町に移転、立山工場に機械工場を増設
全部門の移転完了
昭和 61(1986) 実験工場増設
昭和 63(1988) 富山新港(新湊市奈呉の江)に4万㎡の工場用地取得
平成 3(1991) 機械式立体駐車場事業を始める
新港工場に橋梁工場建設
平成 6(1994) 小口径推進機事業を始める
平成 8(1996) 機械工場を増設
平成 9(1997) ドイツ HECKERT社製リサイクルプラントの販売開始
ISO9001認証取得
メンテナンス子会社 株式会社エステックを設立
平成 10(1998) 工事部事務棟建設
平成 13(2001) ドイツ HECKERT社よりクロスフローシュレッダの技術導入
平成 15(2003) 佐藤工業株式会社との資本関係を解消
平成 18(2006) ISO14001認証取得
平成 19(2007) プレス製造子会社 株式会社ケイエステック を設立
平成 25(2013) ベンディングローラーの導入
太陽光パネルの設置と売電事業開始
本社(立山)工場 鋼管のJIS工場認証取得
平成 27(2015) 新港工場 鋼管のJIS工場認証取得
平成 28(2016) 三菱重工メカトロシステムズ(株)より水門事業承継
平成 30(2018) (株)エステックを吸収合併